最低入金額とは

電子マネーやFXの口座では、入金上限額が定められているとともに、最低入金額というのも設定されています。
最低入金額の金額分だけ持ち合わせていなければ、すぐにはカードや口座の発行ができないというわけです。
電子マネーについてまず説明しますと、入金するたびに一定金額以上が求められることが多いです。
私が使っている電子マネーの場合は、1回チャージするために、最低でも1000円入金しなければなりません。入金金額の融通が効かないので、電子マネーを余らせたままになることもたびたびあり、少々不便さも感じています。
私の利用している電子マネーに限らず、どこの業者でも1000円前後が平均的な最低チャージ額ではないでしょうか。
FX業者についても、最低金額分の入金をしなければ取引がスタートできません。
あるFX会社を例に挙げれば、最低5000円の入金が定められています。
損失のリスクを減らしたいといった理由で、どうしても入金額を最低入金額以下に減らしたい場合は、いったん最低入金額分を入れた後、すぐに出金手続きをすれば解決できます。
こうすることで、入金したばかりのときは、その限度額分のリスクが発生するおそれがあっても、すぐに出金をすればそれだけ損失を減らせます。

http://docomokouza.jp/

決定的な相違

電子マネーとFX口座の入金時における決定的な相違は、クレジットカードからのチャージ機能がついているかどうかでしょう。
電子マネーは、頻繁にチャージする機会が多いでしょうから、クレジットカード機能付きの電子マネーを利用すると、入金の手間が省けて非常に便利に感じられます。
電子マネーは残高不足になるとエラーが出ますが、そこで切符が買えなかったりすると困りますね。
そこで、クレジットカード機能を用いてすぐにチャージできればピンチになりませんね。
これで、クレジットカードの利用可能枠が許す限りは、何時でも電子マネーにすぐにチャージが可能なわけです。
FXもそのようにして、取引に必要な証拠金が足りなくなった時にすぐにクレジットカードからチャージができるようになれば便利なのですが、残念ながら今のところ損な機能はついていません。
今後も、FX業者については恐らくクレジットカードと口座の連携はされないでしょう。
FXでは取引金額が大きくなればなるほどリスクも高くなるため、クレジットカードを用いた無謀な取引を防止する目的があるのだと思います。
電子マネーも、FX口座も、いずれも利用する前には入金・チャージが必要になりますが、その手段については各々で異なってくること、そしてそれはなぜなのかについても、お分かりいただけたことと思います。
電子マネーサイト:金利 住宅ローン借り換えhttp://jyutakuloankarikae.net/

更新情報

△PAGE TOP